KADENZZA blog - 暗黒地下音楽世界からこんにちは!

暗黒メタルプロジェクト Kadenzza の You Oshima が綴る変態幻想音楽のイロハニホヘトチリヌルヲ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【 私的くりむそ再考キャンペーン 】

このところ私の中では、『King Crimson 再考キャンペーン』実施中です。



つか、


○ 70年代のジョン・ウェットン、マジかっこいぃ!

○ あの伝説のパーカッショニスト、ジェミー・ミューアは神!

イアン・マクドナルドは今でもフルート上手いよなぁ...

○ 全盛期のビル・ブラッフォードは、ある面ポートノイあたりより凄いんでない?...

ブリューはミュージシャンとしては凄いんだろうけど、人として魅力ないね;

フリップ爺は... ま、この際いいや!www




で、Crimsonと言えば、これですよ!私的には。







とても、25年以上前の音楽とは思えないよなぁ...
なんか途中 落ち着きのない原始人が出てきますが;その人が『伝説のパーカッショニスト』 ジェミー・ミューアさんです;
この後、彼は神のお告げを受け、バンドを突然離脱... 変な宗教の世界へ...(汗)



また、このビデオではそうでもないですが、この時期のCrimsonは、やっぱウェットン&ブラッフォードのリズム隊が曲を引っ張ってる感じ... フリップ爺の存在感もかすむくらい; ま、ミューアさんの存在感は異常でしたが;...

ヴァイオリンのデビット・クロスが演奏中置いてきぼりを食らって、「怖くなる;」と感じたのも分かる気が...




一方、Crimsonと言えば、グレック・レイクイアン・マクドナルド、そしてピート・シンフィールドがいた頃の「精神異常者」を連想する方が多いですが、基本的にジョン・ウェットンのファンの私としては、『Lark's Tongues In Aspic』以降の3枚のアルバムを聴く機会が最近は多いですね。



いわば、1stから2ndあたりのCrimsonは、決してフリップのバンドではなく、あの芸術的・文学的・情緒的 荘厳&夢幻音楽は、後にForeignerで世界的にブレイクするイアン・マクドナルドや、後にセリーヌ・ディオンにも歌詞を提供してガッポリ儲けるピート・シンフィールドの創り出した世界だったんですねぇ。



てなことで、Crimsonからは、その長い歴史の中でいろいろなミュージシャンが巣立っていく訳ですが、出世頭と言えば....

ま、諸説はあるでしょうが、私的には後にUK、そして80年代にはAsiaで全米No.1!まさに天下を獲ったジョン・ウェットンさんですねっ!



Asiaは、私的にも10代の多感な時期に聴いたので、思い入れもかなりなもんです!
ウェットンさんも当時は今と違って「肉まん化」も進んでなかったし(汗)、「ダンディな英国紳士」って感じで素晴らすい!







これはAsiaと言っても、演ってる曲はUKでしたね;
いずれにしてもウェットン先生はかっこいいっす!




で、UKと言えば、







皆さん若いのは当たり前ですが、テリー・ボジオさんってこんな顔でしたっけ?
ロートタムを並べるのもなんか時代を感じさせますねぇ...
ま、クリスタルなヴァイオリンを弾くエディ・ジョブソンさんって、透明なドラムセットを叩くYoshikiと同じノリなのか?





最後は、これ。


同じ東北人としてマヂで感動した! 青森万歳!


いや、海外でもこれだけ味のあって完成度の高いカバーできるバンドはないぞ!








さらに、「Larks' Tongues In Aspic - Part 2」 by 人間椅子もあるよ。




スポンサーサイト

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<The Collector's King Crimson... まさにコレクターだよな; | HOME | Purple F-1がやってきた!>>

この記事のコメント

どうも!!去年、マイミクにならせて頂いた、KENです。
初コメです↑

King Crimson、やっぱりすごいですね・・・・(^^;
自分の高校時代の先生がプログレ好きで、いろいろ聴かせて頂いた事もあるのですが、圧巻でした。。。

プログレも、メタルと同様、奥深い世界ですね!
2008-01-16 Wed 17:07 | URL | KEN #ndKhkusk[ 編集]
どうも、コメントありがとうございます;

そう言えば、私にCrimsonを最初に聴かせてくれたのも高校時代の先輩でしたっけ...
ただ、最初は100%メタル耳にCrimsonはちと辛かった記憶があります; 精神異常者やREDぐらいだったかなぁ、最初聴いてたのは;...

KENさんもメタルに飽きたときに色々と試してみると面白くなるかもねっ!
2008-01-22 Tue 21:01 | URL | You@KADENZZA #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-24 Thu 14:20 | | #[ 編集]
つかウェットン、ジョブソン、ボジオ時代のU.K.は音も最高ですがヴィジュアルも最強っすねぇ~。
A-haやデュランデュランにも負けてねぇぞぉ~。
2008-01-26 Sat 13:19 | URL | かつすどう #-[ 編集]
>Yたん
Yたんがクリムソ好きとは前々から存じてましたが、90年代以降のクリムソとは知りませんでした;

私にとっては、ブリューが参加した80年代以降のクリムソには(音楽的にはバリエーションが広がってますが)イマイチのめり込めないと言うか;...

1stやREDは確かに神盤なんですが、Yたんには是非 "Larks Tongues in Aspic" をお薦めしますよ。 おそらく最初はそんなにピンとは来ないかもしれませんが、ジワジワとその凄さが染みてくるようなアルバムです。
私の場合 このアルバムは、当時のバンドのドラマーに薦められて聴いたのですが、最初のうちは全然その良さが分かりませんでした;(汗)
但し、ハマれば凡百のメタルバンドなんぞ吹っ飛んでしまうような「ヘヴィメタル」アルバムですよ!ww

損はしないと思うので、お試しあれ!
2008-01-26 Sat 21:51 | URL | You@KADENZZA #-[ 編集]
>かつすどー殿
そうね、この当時皆さん20代ですから;流石に美しいですね!ww

エディ・ジョブソンさんはUK以降あまり表舞台に出て来なくなっちゃって残念でした; 一時YES参加やUK再結成の話もあったようだけど;...

ここ1週間ほどはジョブソンさんのヴァイオリンがオーバーダブされてるクリムソのライブアルバム"USA" をヘヴィロテ中.....
2008-01-26 Sat 22:00 | URL | You@KADENZZA #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。