KADENZZA blog - 暗黒地下音楽世界からこんにちは!

暗黒メタルプロジェクト Kadenzza の You Oshima が綴る変態幻想音楽のイロハニホヘトチリヌルヲ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

多弦多フレット症候群...

さて、前回は『多弦多フレット症候群』についてご説明しましたが、今回もそれの続きを。

この病気の怖い点は、一度発症すると通常の22フレットギターや24フレットギターでは満足できず、32フレットやら36フレットなんていう「これ、どーやって弾くのさ?」的な不必要極まりない数のフレットにエクスタシーを覚えるようになる一方で、通常の6弦ギターではイクこともできず、7弦は勿論のこと8弦、9弦... と、ついには「これってスティック?」的アプローチに至り、ついには人格破壊に繋がり、時には死にも至ってしまうところです;

なんとか私の場合は人格破壊には至ってはいませんが、最近はより症状が進行しているような兆候があるのです。

というのも、最近、例のゲイリークレイマーのデザイナーLeo君からメールで、

「来年のアナハイムで行われる楽器見本市NAMM Showで発表されるニューモデルは凄いぞ!」

という情報から始まります。




彼によると、そのニューモデルは、

○ 当然7弦36フレット
○ あのパーカー・ギターにも迫る極薄バスウッド・ボディ
○ 何と!前代未聞のバスウッド・ネック?!
スタインバーガー・ギターのようなフェノール樹脂指板?!
○ となると、やっぱステンレス・フレット!
○ ピックアップはダイレクトマウントのカスタマイズド・ディマジオPU
○ おそらくフロイドローズ装備?

と、とんでもないスペックになるとのこと;...(汗)

これにはウリ・ロート病の私にとっては期待の星!ですよ!

ただ、残念ながらまだ手に入れることはできません;
来年まで待ちます;.......zzz





でも、「もう1本7弦36フレットギターが欲しいなぁ;...」
と思っていた私は、


「そー言えば、最近PREMIER GUITARに載ってた紫のカスタムF-1はカッコ良いんだけど、あれは手に入れられない?」


と、ダメ元で聞いてみると、


「あれは元々来年のNAMM Showのプレゼン用に作ったんだけど、ま、キミだったら譲ってあげるよ。」
「但し、キミもゲイリークレイマーのギターを宣伝してくれよな!」


てなことに;......




おいおいマヂかよ?!

そんなこと言ってると、オレは理性を失っちまうよぉ!!!...

どうすんだよぉ!!!...........>オレ;





to be continued..........

スポンサーサイト

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ギター | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<送別会... | HOME | 重大な病...>>

この記事のコメント

遅ればせながらブログ開設おめでとうございます!

早速、ウリ・ロート病、メシュガー病で爆笑していました(笑)。
そんな病で死に至るなら、もう在る意味本望ですよね。

続きも楽しみに。では。
2007-11-25 Sun 11:45 | URL | Yusuke@W.S #8fHsgJSw[ 編集]
もう既に2本目唾付けちゃいましたか~流石です。
その内お触りに逝きますね(^u^)>
2007-11-26 Mon 14:22 | URL | かつすどう #-[ 編集]
>Yusukeさん
この病のバリエーションとしては、他に「トニー・レヴィン病」、「トレイ・ガン病」等がありますが、ちとメイニアック度が増しますね;

>かっつぁん
コレクター気質の私としては、気に入ったギターは2本持たないと気がすまないのですよ;
分かるでしょ、この気持ち。
2007-11-27 Tue 20:29 | URL | You@KADENZZA #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。