KADENZZA blog - 暗黒地下音楽世界からこんにちは!

暗黒メタルプロジェクト Kadenzza の You Oshima が綴る変態幻想音楽のイロハニホヘトチリヌルヲ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Emperor vs. Sigh featuring Kadenzza

はて、怒涛のEmperor来日巡業から早2週間、Sighのオープニングアクトも思いの他好評で終えることができました。





Photos by Eugene Odaira




オーディエンスの方々にとってもギターが変わったということは印象的だったようで、私のスタイル自体がテクニカルなネオクラ路線であったことから、新しいSighの方向性を観ていただくことができたのではと思います。





Photos by Eugene Odaira




しかし、今回はあのEmperorをリハの段階からステージ袖で観ることができたのは勿論感動でしたが、Emperorチームの皆さんとの毎晩の打ち上げや、Ihsahnを交えた大阪城観光、大阪でのお好み焼き屋宴会、果てはカラオケ等、オフの時間も楽しい時間を過ごすことができましたよ。

ただひとつ難点は、暑かった;... 東京も暑かったけど、大阪は輪をかけて暑かったっす;...

特に、大阪城をトボトボと巡っているときは死にそうになりました;
ま、私以上にノルウェーの人達には日本のブルータルな夏は堪えたのでは?...と思いましたが、然程彼らは平気な感じでした?... ただ単にオレが夏嫌いなだけ?





Photos by Eugene Odaira




尚、今回の一連の事の詳細は、

SighのFacebookページ
https://www.facebook.com/pages/SIGH-official-page/227550909275



私のFacebookパーソナルページの他、
https://www.facebook.com/yuichi.oshima.92



それぞれのメンバーのパーソナルページにもアップされてますので、そちらも参照してくださいな。
https://www.facebook.com/mirai.kawashima
https://www.facebook.com/mikannibal




尚、Sighとしては諸般の事情で来年の夏くらいまでライブはお預けなので、今後はひたすらレコーディング作業に没頭する予定です;





Photo by Eugene Odaira




スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |



はて、ついに皇帝 Emperor が来日しますな。




ま、Ihsahnくんはちょくちょく日本に来ているので然程新鮮味はないかも知れませんが、今回は「あの!エクストリーム・メタルのアイコン」 Emperorとして来日することに意味があるんですよねぇ。




そして、彼らの東京・大阪公演のオープニングアクトとして既にSIGHが決まっております...








...と、言うことは?








...もしかして?








...!!!








そうです!







この私 KadenzzaもSIGHのギターとして参戦しますよぉ!






いやぁ、私のお披露目ライブがEmperorの初来日公演とは、我ながら出来すぎですな;...





しかも、SIGHについても、私にとっては97年に「Hail Horror Hail」を聴いてショックを受けて以来、17年を経た今、彼らの一員としてステージに上がるとは感慨深い、というか「この世の中どう転ぶか分からないのが面白い!」... 何とも言い表すことができないような「不思議な」感覚ですよ。






とは言え、そんなに喜んでばかりもいられないのは、この大舞台でSIGHの楽曲を私なりにどう消化するか... そして如何にバンドに貢献できるか... 解決しなければならない問題は山積です。






おかげさまで、おそらく7月までは毎週末に東京に通う日々が続くでしょう;...





そもそも私のルーツは、今は懐かし「80年代様式美メタル!」だったりするので、ネオクラ入ったSIGHというのも....




どうよ?...





音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

何かこのところすごーく忙しいです!

なので、今年の1月以降、この日記も書くネタはたくさんあるのですが、何一つ書いてませんでしたねぇ;...

ま、私にとってはいつものことですが;...w



そんなこんなで、Sigh - Kadenzza 情報(多少古め)としては、

Candlelight から、Sigh の来るべき10thアルバム「 Graveward 」収録予定
の1曲「 Out of the Grave 」のデモが iTune music store から配信になってます。


https://itunes.apple.com/us/album/candlelight-records...legion/id867859707




...と思ったら、既にYouTubeにのっけてる輩がいましたね;(汗


https://www.youtube.com/watch?v=el0IdD_y6gg




基本、スラッシーなスピードチューンで、結構キャッチーな感じに仕上げてみました。

但し、今回は飽くまでデモなのでドラムとベースは打ち込み、ミカンニバル嬢のサックスソロは入っていますが、ヴォーカルは入っていません。

また、ギターは全て私で、フラメンコっぽいアコギパートもチマチマ録音しましたっけ;...

と言うのも、なんせこの曲を録音・ミックスしてたのは1月だったので、今となってはかなり前のことなのですよ;...




で、Sigh のfacebookの方では触れられていませんが、ミックスもすべて私の方でやってます。(これ重要!試験に出るよ)

おそらく、この流れで本編のミックスも私がやるような段取りになっています。

ミックスもできるというのは、私としては本望ですよ。

ギター弾くよりも面白い発見がありますしね!




次はライブでもやっちゃうかぁ!...w



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:3 | トラックバック:0 |

最早2014年ですねぇ...

Kadenzza は、私の中では既に終わってしまったものだと思っていました。

何故なら、この約5年近くの時間は、私にとっては非常につらく、
長く感じるものだったのです...




しかしながら 、ここにきて私も重い重い腰を上げる時が来たようです。





Kadenzza will be back with Sigh !!!

https://www.facebook.com/pages/SIGH-official-page/227550909275?ref=br_rs




日本のブラックメタルの始祖であり、現在はあらゆる音楽的要素を取り込んで

真にプログレッシヴなエクストリームメタルを追求する川嶋未来氏率いる Sigh

今年、英Candlelight からリリース予定の彼らのニューアルバム「Graveward」で
Kadenzza が復活することになりました!



私は全面的にギターで参加する予定で、既に数曲のレコーディングは終え、
今後も数ヶ月間はギターの録音は続きます。





一方で、私にとって、この重い腰を上げるには長い長い時間が必要でした。


4年前に突然ガンを患い、生死の境を彷徨ったあげく、
何とか命を取りとめたかと思ったら、311の震災の直撃...


私の地元の福島県いわき市では津波により450名あまりの方が亡くなった一方、

原発の被害は甚大で、私も自宅が第一原発から35kmのところにあることから、

一時地元を離れ県外に避難しましたが、今だ福島県民の5万人近くの人達が

県外へ避難しており、さらに県内避難を加えれば、数十万人の方々が

自宅を追われている状況です。



おそらく、最近はそんな状況もTV等メディアで取り上げられる機会も減っているので、

記憶の片隅で忘却の埃が、うっすらと積もりつつあるかも知れません。




幸い私は家族も含め命を落とした者もなく、現在は自宅に戻り何とか

震災前に近い生活を取り戻すことができていますが、

一時は音楽をほとんど諦めた時期もありました。





今回は運よく Sigh の川嶋氏から声を掛けていただいて、

やっと「もう一度やってみよう!」

という気力が湧いてきました。



これを機に、kadenzzaの方も近々再起動したいと思っています。



但し、まずは Sigh のアルバムを仕上げるのが、最優先事項です。

手応えとしてはなかなか面白いものになりそうですよ!

最も印象的なことは、やはり川嶋氏のその「奇才」振りです...

曲作りの途中経過のちょっとしたアレンジにも、彼の非凡な才能の片鱗を
感じざるを得ません:...

まさに「唯一無二」!... 彼しか作りえない音楽ですよ!

いや、別にここでお世辞を言うつもりもありません。

久しぶりに、「この人は凄いなぁ...」と感心したほどです。




まずは、Sigh の10枚目のアルバム 「Graveward」...

ご期待くださいな!

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゲイリークレイマーから7弦36Fのニューモデル...

ところで、例のゲイリークレイマーから7弦36Fのニューモデル... と言うか、『F-1』の改名モデルですが;
Turbulence』が1月のNAMMショーで発表され、間もなく(春頃?)発売になりますね。



Turbulence



ま、一番の変更点はフロイドローズ・ライセンス物のブリッジ搭載と、ネック裏が黒のマット塗装になったことくらいかな?
もっと革新的な改良がされるかと思いきや、今回はマイナーチェンジ程度に留まったようです。


また、同時にVシェイプの『Kramertorium』も発表... こっちもかなり冒険的なデザインでメタラーには十分アピールしそう...
Vシェイプのギターって、今までだとGibson系かJackson系かと言ったところしかなかった気がしますが、このKramertoriumはそのどちらにも似てない&しかも結構カッコ良い、なかなかオリジナルなギターですな。



Kramertorium



ちなみに、このKramertoriumもF-1、そしてTurbulence同様、Leo Scala君の設計です。



今のところTurbulence、Kramertoriumも日本ではVen Corporationがウェブ上でも先行予約みたいなことをやっているので、代理店としてやっていくのかと思いきや、Leo君が言うには「VenがKramertoriumの宣伝をしてることは聞いてたけど、Turbulenceの予約販売のことは聞いてないなぁ... Venとはもうコンタクト取ってないんだよ。」とのこと。......

ま、そうすると、Venの方では予約がある程度溜まれば、単発でゲイリークレイマーにオーダーして輸入だけするような感じなんでしょうね;



で、そんなこんなで、おそらく私は日本では数少ないゲイリークレイマーのユーザーとして、近々同社のサイトに紹介されるようです!

一応Kadenzza名義の「Artist」として紹介してくれるとのこと;....

すいませんねぇ、ありがとうございます; 恐縮ですぅ;(汗)>Leo君
これからもよろしくお願いしまふ.....





テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ギター | コメント:2 | トラックバック:1 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。